スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008 J1 第18節 清水vs新潟@日本平 

清水エスパルス 3 - 0 アルビレックス新潟
 得点者:西澤×2、和道


監督も代わらず、選手や戦術もほとんど変わらない中での3得点での勝利。
ここ2試合との違いは、たまたま相手がマークを外してくれたとか、たまたまボールが和道の前に転がってきたといった運のおかげなのかもしれないが、しっかり勝てたことは良かったよね。
中断明け後オウンゴールではなくすっきり勝った始めての試合。また後半戦初戦で勝てたことも、いいイメージで戦っていけるのかな?

この試合で気になったのはパウロ。
イチとのコンビも良かったし、兵働のような大きなサイドチェンジのボールが出せていることも良いね。
かつてロジェーリオ2号なんて言ってしまったパウロだが、チームに馴染むだけでこんなに役に立つとは...
2つのサードハーフ枠を、パウロ、淳吾、兵働の3人で争う状況はチームとして確実にプラス。これからの活躍も期待します。

そして、一人ターンオーバー制状態の西澤。これからも週一で構わないので、確実に一点は獲ってくれ(笑)


[ 2008/07/23 12:49 ] エスパルス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。