スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011 ヤマザキナビスコカップ 2回戦第2戦@東北電ス 

アルビレックス新潟 3 - 1 清水エスパルス
 得点者:元紀


情けない...これが勝ちに行ったゲームなのだろうか。

伸二が戻ってきてゲームが組み立てられるようになり、先制点も奪えた。相手はミシェウもブルーノロペスも苛ついている。もっとクレバーにゲームができるようになると良いのだが。
まぁ、フレディからすると勝者のメンタリティを植え付け甲斐があるメンタルの弱さなんだろうが... orz

1点返されても、トータルで見ればまだまだOKなのにバタバタしたまま前半終了。ハーフタイムはさんで落ち着くかと思ったらそのままバタバタ...

ボスナーはここ数試合軽すぎるし、岩下も余裕かましていながらやられそうになるシーンがあった。
キャラはキープできたり、正面からガツンと来る相手には良いが、そうでないところではまだまだ。あと攻から守への切り替えがねぇ~

ゴトビ監督は相手はリーグ残留とナビスコとどっちが大事なのかというようなことを言っていたみたいだが、新潟はとりあえず目の前の試合を全力で勝つという選択をし、結果を出した。
監督インタビューで4-2-3-1でやることを学ぶのも大事と言っていたゴトビ監督。伸二とフレディを45分に限定したのは、リーグを見据えてのこと。そしてナビスコも勝ちに行った...

育成をしながら結果も求められる大変な立場だとは思うが、三兎を追う者が何兎得られるのか...
次の試合は10月。いろいろあった9月も終わるので、気持ちを切り替えて頑張って欲しいです。

[ 2011/09/29 09:38 ] エスパルス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。